砺波・小矢部の光の祭典 ★砺波郷土資料館★

今日は富山県西部 砺波市と小矢部市のアート・ライトアップ・夜景を見てきました。

まずは砺波市。昼間に砺波市美術館で展示されていた、本郷 仁さんの「視覚・光覚」展を見てきました。

「闇の中に置かれた、一定の模様で整然と並べた鏡のオブジェに、見学者がLED懐中電灯で光を当て、

そのオブジェに反射して、部屋の壁や床に出来る模様の変化を楽しむ」というものです。

特に気に入った作品がこれ。「テクノロジーは闇を照らすか」高さ4m。

写真左が全体像。作品の左側に座っている方が本郷さん本人です(本人に掲載許可を頂いております)。

正20面体のうち1つの面から外の景色を見せ、別の1面から見物客に中身を見てもらう構造です。

 

本当は、この立体の一部からレーザー光を中に入れ、見物用の右下の面も塞いだ後で

見物客が中に入り(頭だけ中につっこむというのもアリか)、レーザー光の反射の軌跡を見るのも

興味深いなぁと思っています。どんな光の芸術作品ができるのか、想像するだけでも楽しいです。

さて今日のメインイベント。 砺波郷土資料館のライトアップです。

「砺波ライトアップ同好会」という団体が、ここ(史上初)を綺麗にライトアップするというのでワクワク!

この資料館は旧中越銀行本店として明治42年に竣工されたものであり、砺波市の指定文化財になっています。

建物の中も 天井に貼られた金唐革紙(和紙に模様を浮かび上がらせたもの)、井波地方の木工細工、

長さ12mのケヤキの1枚板でできたカウンター、螺旋階段など、西洋建築としても一級品です。

この資料館が、こんな感じで闇夜に照らされました!ちょいと赤みある建物が真っ白な雪に映えています。

ライトアップの後は、「Neutral Production」さんがアートパフォーマンスを見せてくれました。

石川県小松市の長谷川章さんが実施されている「d-K:デジタル掛軸」に非常によく似ています。

今後、このライトアップ同好会には「砺波ならではのランドマーク」をライトアップして欲しいと思います。

たとえば、このチューリップ公園内にある「5連水車」。 これなどは北陸にここだけなので是非是非!

この資料館を後にし、最後に、10数年ぶりに「小矢部クロスランドタワー」に登ってきました。

このクロスランドタワーは高さ100m。「恋人の聖地」に選ばれてから、中が綺麗に装飾されていました。

ここの展望台からの夜景は、窓に光が反射して撮りづらいのですが、なんとか1枚撮ってきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青と白のカプセル ★大関駅、大関児童館★

湖畔のライトアップ ★片山津温泉★

関連記事

  1. WHITE ILLUMINATION TOYAMA ★富山城…

    今日からはじまった富山市 富山城址公園を中心とするX’MAS イルミネーション。早速行ってきました。…

  2. アートな橋 ★シビックロード★

    天気がいいのも昨日今日まで。明日は雨が降りそう。 ということで今日は高岡を巡ってきました。は…

  3. 本日竣工したカラフル足湯 ★粟津温泉足湯★

    石川県 加賀地方の主要4温泉では総湯・足湯のリニューアルを盛んにやっておりますが、本日 小松…

  4. 駅前の大変化 ★富山市役所展望台★

    北陸新幹線の開業により、10年前と大きく変わった富山駅前。富山市役所の展望台から見た風景を比較します…

  5. 温泉街の夏祭り ★山中温泉地区★

    こぢんまりしてるけど、観光名所がめちゃ多く、かつ夜のライトアップが街中綺麗な温泉街といえば、…

  6. 薬屋カフェ ★安藤芳園堂ビル★

    金沢市野町広小路。 香林坊から片町を抜け犀川大橋を渡り「にし茶屋街」や「寺町」に行く途中にある 大…

  7. 石川・福井県境の新夜景スポット ★刈安山★

    GW連休中に下見して これはよさそうと思った夜景スポットに行ってきました。今日紹介する2箇所…

  8. 雪の冬の灯籠会 ★永平寺★

    福井県永平寺町にある永平寺。言わずと知れた曹洞宗の大本山です。3年ぶりに「冬の灯籠会」が行われたので…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。