松涛庵

江戸時代末期、加賀藩12代藩主 前田斉泰により、江戸根岸の隠居所「冨有園」の居室として建築されたものです。天井や柱が紅殻塗りであったことから「赤い間」と呼ばれていました。

その後1936年に独立した数奇屋風の茶室として整備され「松涛庵」と命名されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

炎勝儀(SAKURA) ★十社大宮★

九谷焼のウルトラマン ★能美ふるさとミュージアム★

関連記事

  1. 末日聖徒イエス・キリスト教会 小松ワード

    小松市役所の裏側近くにある教会です。塔がライトアップしています。日本では「モルモン教の教会」とし…

  2. アマンダンヴィラ

    石川県かほく市にあるアマンダンヴィラ。湖に佇む結婚式場のための邸宅です。普段は1日1組限定で結婚…

  3. 珠洲ビーチホテル

  4. 碁石ケ峰

  5. 石川ルーツ交流館

  6. くろゆりの里

    白山比咩神社のすぐ横にあるお土産屋さんです。地元の製品を売っています。正面玄関には「白山さんの初…

  7. 奥山林道

  8. あやとり橋

    1991年に完成した、石川県加賀市山中温泉にある橋です。いけばなの草月流第3代家元 勅使河原宏さん…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。