のとじま水族館

石川県七尾市 能登島にある水族館です。500種、約40,000匹の能登半島近海の魚介類を中心に展示しています。

北陸3県の水族館がリニューアルにしのぎを削っており、魚の魅せ方がどんどんレベルupしています。

ライトアップの観点から見た、のとじま水族館の特徴は3つあります。

1つ目は2010年8月に完成した「青の世界」。 一面水色の大型水槽の中でジンベイザメ、エイなどが泳いでいます。

2つ目はクラゲの世界。 クラゲが入った水槽をLED照明により「カラーの柱」として魅せています。

またクラゲそのものに光を当て、「カラフルなクラゲ」を魅せるように工夫しています。

3つ目は、2018年4月にリニューアルした「のと海遊回廊」。

六角形の水槽の天井、床にプロジェクションマッピングを常設させ、天井の照明をなくした空間は万華鏡の中にいるよう。

このような「感性の空間」が、「天井に照明」という常識を外すことを考えるきっかけを与えてくれました。

公式HP:http://www.notoaqua.jp/

関連ブログ: https://hokuriku-yakei.com/?p=5852

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

移設解体中 ★旧第9師団司令部、金沢偕行社★

のと海遊回廊 誕生 ★のとじま水族館★

関連記事

  1. 金沢湯涌夢ニ館

  2. 松任学習センター

  3. 白峰温泉総湯

  4. ひがし茶屋街

    金沢で1、2を争う観光地です。1820年に加賀藩の許可のもと、犀川西側の「にし茶屋街」、浅野川東側…

  5. 至誠が丘児童館

  6. 問屋町緑地

  7. ひまわり村

  8. 湯涌創作の森

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。