骨清窟

西田幾太郎は財政的に豊かではなく、京都帝国大学で教鞭を取っていた52才の時に初めて自宅を購入しました。

当時の自宅は書斎にはテラスが設けられており、西田を訪ねる人々は、玄関を通ることなく、直接書斎へアプローチできました。

西田はこの書斎に室町時代の禅僧寂室の詩に基づき「骨清窟」と名付けました。

1974年西田邸が取り壊される際、書斎「骨清窟」部分のみ故郷かほく市(旧宇ノ気町)へと移築されました(旧西田記念館横)。

2010年に石川県西田幾多郎記念哲学館敷地内へ、再度修復移築されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

道端の秘密基地 ★アグリツーリズモNora★

インマヌエル金沢キリスト教会

関連記事

  1. 能登ゆめてらす

  2. 内灘総合公園見晴台

    道の駅と反対側にあり、内灘大橋や金沢市街を見渡せる場所にある見晴台です。見晴台には「幸せへの鐘」…

  3. ビュー・サンセット

  4. 西茶屋資料館

  5. 長流亭

  6. 鞍月ムーンゲート

  7. 金沢上空ヘリ夜景

  8. 河北門

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。