骨清窟

西田幾太郎は財政的に豊かではなく、京都帝国大学で教鞭を取っていた52才の時に初めて自宅を購入しました。

当時の自宅は書斎にはテラスが設けられており、西田を訪ねる人々は、玄関を通ることなく、直接書斎へアプローチできました。

西田はこの書斎に室町時代の禅僧寂室の詩に基づき「骨清窟」と名付けました。

1974年西田邸が取り壊される際、書斎「骨清窟」部分のみ故郷かほく市(旧宇ノ気町)へと移築されました(旧西田記念館横)。

2010年に石川県西田幾多郎記念哲学館敷地内へ、再度修復移築されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

道端の秘密基地 ★アグリツーリズモNora★

インマヌエル金沢キリスト教会

関連記事

  1. 羽咋念法寺

  2. 能登ゆめてらす

  3. 穴水駅

  4. 平松春日神社

  5. 能登ヒーリングビレッジ

  6. 医王山

  7. HIMITO

    金沢市犀川沿いにあるギャラリーカフェ。ピール(果皮)を主な素材とする創造芸術「ピールアート」の創始…

  8. 津幡町立図書館

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。