樂翠亭美術館

1950年~1957年にかけて築造された、木造2階建ての純和風建築、鉄筋コンクリート造洋館及び、

土蔵造りの蔵の建築群、それらを取り囲む池や東屋、四季折々の回遊式日本庭園で構成されている個人の邸宅を、

2011年5月より「樂翠亭美術館」として一般公開しました。

「樂翠 らくすい」とは「緑を楽しむ」という意味です。

西本願寺の光照門主がここを訪れた際に、庭園にある「東屋」を「樂翠亭」と名付けたことが美術館の名前の由来です。

2012年から冬・春・夏に庭園のライトアップを実施しています。

正面玄関はこんな感じです。

庭園のライトアップ

 

 

 

公式HP:http://www.rakusuitei.jp/

関連ブログ:https://hokuriku-yakei.com/?p=2958

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

養浩館庭園

ギャラリー三田

関連記事

  1. 天門橋

    富山駅北側 徒歩10分の場所にある都市公園「富岩運河環水公園」にかかるメインの橋です。高さ58m。…

  2. 金屋町公民館

  3. 富山県美術館

    2016年12月28日で旧館(富山県近代美術館)が閉館し、富岩運河環水公園の隣に移設、201…

  4. 北蟹谷スポーツセンター

  5. 鯉恋の宮

    富山県庄川地区。ここに縁結び・開運祈願のパワースポットとして「鯉恋の宮」が設置され、幸せの鐘も設置さ…

  6. 井波観光物産館

  7. 内山峠

  8. 福光紹興友好物産館

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。