兼六園

17世紀に整備された、日本3名園の一つです。(残る2つは岡山県の後楽園、茨城県の偕楽園です)。

兼六園の名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用して、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えて

いることから命名したと言われています。1874年から一般公開されました。

ライトアップは年7回実施されています。個人的には「冬の段」が空気が澄み雪と相まって一番綺麗だと思っています。

4月の桜開花時期、5月の「春の段」、6月の「初夏の段=加賀百万石祭りと同日開催」、8月の「夏の段」、

10月の「名月の観賞」、11月の「秋の段」、12/31~1/1の「新年(ライトアップ未実施)」、2月の「冬の段」です。

関連ブログ: https://hokuriku-yakei.com/?p=3037

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

七間朝市通り

内川墓地公園

関連記事

  1. カルチャーセンター飛翔

  2. 片町PREGO

  3. 松任金剣宮

  4. 能登小牧台

  5. 白山比咩神社

    全国3000余りの白山神社の総本宮であり、2017年8月9日に開山1300周年を迎えました。20…

  6. 浅野川大橋

    現在の橋は1922年に建造され、2000年に国指定有形文化財に登録されました。独特の構造(3…

  7. シーサイドヴィラ渤海

  8. 浅蔵五十吉美術館

    1993年開館。石川県能美市出身の陶芸家で、文化勲章を受章した浅蔵五十吉さんの平成時代の作品を中心…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。