「甦」世紀をこえて

石川県能美市 浅蔵五十吉美術館の横にある広場に設置された、陶壁ビッグモニュメントです。

日本芸術院会員である武腰 敏昭さんが1993年に制作しました。

銅鑼の形をイメージした高さ12.9m、幅11m、奥行き5.5mの作品に6万枚の陶板が使われ、森羅万象を表現しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

九谷焼資料館

6万枚の陶壁 ★「甦」世紀をこえて★

関連記事

  1. 獅子ワールド館

    石川県白山市 鶴来地区は獅子頭の生産拠点です。日本一の木彫り大獅子頭や世界各国の獅子舞,獅子頭が…

  2. 石川ルーツ交流館

  3. 河北潟放水路防潮水門

  4. 金沢医科大学病院

    石川県河北郡内灘町にある金沢医科大学の病院です。1974年9月に開院。2003年、2006年、201…

  5. 赤羽ホール

  6. 見竹神社

    国道249号線から脇道に入り数100m。ひっそりとした場所にあります。毎年9月16日に行われる萬…

  7. 松根城跡

  8. 平等寺

    10世紀中頃、荘園の宮寺として建立した真言宗のお寺です。境内に130種4000本のあじさいの花が…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。