「甦」世紀をこえて

石川県能美市 浅蔵五十吉美術館の横にある広場に設置された、陶壁ビッグモニュメントです。

日本芸術院会員である武腰 敏昭さんが1993年に制作しました。

銅鑼の形をイメージした高さ12.9m、幅11m、奥行き5.5mの作品に6万枚の陶板が使われ、森羅万象を表現しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

九谷焼資料館

6万枚の陶壁 ★「甦」世紀をこえて★

関連記事

  1. 高州山

  2. こおろぎ橋

    山中温泉にかかる総檜造りの橋です。元禄時代に作られたとされ、最近では1990年、2019年に架け…

  3. 萬松園栄螺堂

    石川県加賀市。山代温泉を見下ろす小高い丘の上に建つ展望台です。サザエを伏せたようなユニークな形の…

  4. 医王寺

  5. 少比古那神社

  6. 穴水駅

  7. 西検番事務所

  8. アマンダンヴィラ

    石川県かほく市にあるアマンダンヴィラ。湖に佇む結婚式場のための邸宅です。普段は1日1組限定で結婚…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。