「甦」世紀をこえて

石川県能美市 浅蔵五十吉美術館の横にある広場に設置された、陶壁ビッグモニュメントです。

日本芸術院会員である武腰 敏昭さんが1993年に制作しました。

銅鑼の形をイメージした高さ12.9m、幅11m、奥行き5.5mの作品に6万枚の陶板が使われ、森羅万象を表現しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

九谷焼資料館

6万枚の陶壁 ★「甦」世紀をこえて★

関連記事

  1. 円行山

  2. 山代温泉足湯

    石川県加賀市山代温泉。1300年以上前にある高僧が傷口を湧水で癒す一匹の烏ヤタガラスを見つけたのが始…

  3. 松井秀喜ミュージアム

  4. 森本IC展望台

    石川県金沢市。 北陸自動車道と山側環状道路に入るためのICがあり、道路がト音記号のように伸びています…

  5. アクアタワー

  6. スポーツセンターろくせい

  7. くらがり坂

  8. いろは橋

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。