金沢偕行社

石川県金沢市。 明治時代に日本の軍隊の地方重要拠点を全国6拠点設置する際、第9師団として選ばれました。

1898年に金沢城二の丸跡に、旧第9師団司令部と金沢偕行社が建築されました。

第2次世界大戦が終わり、1968年に石引地区に移設。 石川県庁石引分室として活用しました。

東京国立美術館工芸館の金沢移転に伴い、この建物を活用することが決まり、2018年1月から移設工事が始まりました。

2019年秋に外観が完成する際は、創立当時の姿に復元することが決まっています。

公式HP:http://www.momat.go.jp/cg/

関連ブログ: https://hokuriku-yakei.com/?p=5841

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若狭おばま食文化館

石川県庁

関連記事

  1. 世界一の縄文土器

  2. 世界で一番長いベンチ

    長さ460mの直線のベンチは、「日本海に沈む夕日を見せる」べく、1987年に延べ830人のボランティ…

  3. 山中温泉総湯

  4. 北國銀行武蔵ケ辻支店

  5. ANAクラウンプラザ

  6. 川北大橋料金所

  7. いろは橋

  8. 片山津温泉 総湯

    石川県の温泉街、特に総湯・足湯のリニューアルの時期にあわせ、2012年4月に片山津温泉の総湯が新規に…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。