国立工芸館 旧金沢偕行社

石川県金沢市。明治時代に日本の軍隊の地方重要拠点を全国6拠点設置する際、第9師団として選ばれました。1898年に金沢城二の丸跡に、旧第9師団司令部と金沢偕行社が建築されました。第2次世界大戦が終わり、1968年に石引地区に移設。石川県庁石引分室として活用しました。

東京国立美術館工芸館の金沢移転に伴い、この建物を活用することが決まり、2018年1月に移設工事を開始。創立当時の姿に復元され2020年7月18日からライトアップを開始しました。

移設前

移設後

公式HP:http://www.pref.ishikawa.jp/kikaku/kogeikan/top.html

関連HP:http://www.momat.go.jp/cg/

関連ブログ: https://hokuriku-yakei.com/?p=9176

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若狭おばま食文化館

石川県庁

関連記事

  1. B’s

  2. 北陸電力鉄塔 金沢市西念

    コロナに対応する医療従事者を支援すべく、北陸電力が4本の鉄塔をブルーにライトアップしています。20…

  3. WAVEのと

  4. 刈安山

    福井県あわら市と石川県加賀市の県境にある山です。「刈安山森林自然公園」と名付けられています。あわ…

  5. ボラ待ちやぐら

  6. 平成堂

  7. 芭蕉堂

  8. 月惜橋

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。